中古車を高く売る方法!0円マイナス査定は詐欺?だましの手口を暴露

公開日:  最終更新日:2016/09/04

「こんな車、売れません。タダでも買い取るの無理ですよ。引き取りに10万かかります」

20年前、ある大手買取チェーン店の営業マンAに言われた言葉です。

3日後その車は別の中小の買取店に10万円で買い取ってもらえました

あのときの営業マンAのバカにするような、見下すような目は、そしてあの屈辱を忘れられない。

だから私の知りえる知識をすべて動員して、悪徳会社のやり口、だましの手口などを紹介していきたいと思います。

特に女性や若い人や性格の良い人・査定価格が低いかもしれないと不安な方は、よく読んでから、査定をなさってください。

客を自社にどう誘導してくるか?

まずは、客を自社で見積もりさせる為に、よく取られる方法を紹介します。

高価買取の広告

高価買取。高く買い取ります。これはどこの広告にも載っている言葉です。

ではこの高価買取って、本当なのでしょうか?

答えは「ウソとはいえない」です。どこと比較して高価買取といってはNGですが、ただの「高価買取」という表現だからです。

もちろん言い放題です。

しかし、そんな詐欺みたいな事あって良いのでしょうか?

高価買取という表現は、法律で禁止されていないのでしょうか?

答えはされてないです。

中古車の買取は、各都道府県の公安委員会の認可を得ることが義務付けられている。

しかし、古物営業法では広告に関する規制までは行なっていない。

そして業界としての自主規制もない

なので、高価買取というのは、買取をしていますぐらいの表現だと、私たちの頭の中で書き換えするしかないのです。

2chどネットの掲示板で騙す!

2ちゃんねる
2ちゃんねるは、匿名で書き込める掲示板です。

私もときどき利用しますが、マニアックな話題が書かかれていて、面白い部分もありあす。

しかし中古車の買取、売却に関しては信用するのはNGです。

それには、一部の中古車買取会社が2ちゃんねるを使ってどんな活動をしているか?よく知る必要があります。

まず、一部の中古車買取会社が2ちゃんねるを使って行なうのは、自社のポジティブキャンペーンです。

カンタンにいうと、自社の良いウワサを書き込む方法です。

さすがにこの方法は、みなさんにばれてきている感があるので、最近は多用されません。

たまに少量だけ入れてきます。一つのスレに1投稿くらいです。

ポジティブキャンペーンに変わって、よく行なわれるのが、自社と比較されやすい会社のネガティブキャンペーンです。

よく行なわれるタイミングとしては、他社との査定で、競り負けた時です。

「○○という会社の★★という営業は最悪でした。上から目線だし…すごく気分が悪いです」

などと、競り負けた営業マンが自宅のパソコンや、外から2chに書き込むケースが多いみたいです。

昔は会社からの命令で、会社のPCから2chに書き込んでいたバカな営業マンがいたそうですが、最近はバレるので、ほとんど個人的に行なうそうです。

もちろんコンプライアンスとかあるので、2chに書き込めなど、会社が直接命令することはなく、先輩から後輩に、伝授される悪しき習慣だそうです。

いちばん醜いのが、2chにでの個人攻撃です。

2chでやり手で誠実な営業マンが、営業所名・実名(大概は名字だけが多い)を上げられて、叩かれます。

こういう攻撃に耐えかねて、辞めていく優秀な営業マンが結構な数になるそうです。

ひどい世界ですね。

yahoo知恵袋・教えてgooなどのQ&Aサイトで騙す!

yahoo!知恵袋こちらはネットで質問できるQ&Aサイトです。

すごくためになる回答も多いです。

しかもこちらも一部の中古車買取会社の手にかかれば、騙しが横行します。

こちらは、組織ぐるみで、ネガティブキャンペーンとポジティブキャンペーンを同時にして、自社へ誘導するパターンです。

組織といっても、同僚ぐるみとか、そんなレベルです。

会社からは直接は指示しません。コンプライアンスが厳しいので…サラリーマンにはわかると思いますが、多少圧力をかけられる程度です(それがキツイですが…)。

ここからは、全部組織ぐるみの自作自演です。

例えば

■■社の営業マンAが

埼玉県○○市の中古車買取ってどこが良いですか?また悪いところも教えてください。

って質問を投稿します。すると■■社の営業マンBが

○○って会社は態度が悪くて最悪でしたね。

というように、自社と比較される所を叩きます。この自社と比較されるところというのが、ポイントです。

次に■■社の営業マンCが

上でコメントあるように、○○って会社は、本当に態度が悪くて最悪でした。ただ査定は普通でした。

みたいな事を書きます。

こういうのを何人か回しておいて、最終的に■■社の営業マンDが

私が感動したのは、■■社の営業でした、

私は車の事をよく知りませんが、丁寧になぜこういう査定になるのか、時間をかけて説明してくれました。

ほかの会社は、なんか適当な感じでした。

■■社は査定額もよく、こちらに任せました。

と書き込みます。

そして投稿締め切り時間がくると、■■社の営業マンAが

■■社の営業マンDの書き込みに対して

結局複数査定してもらいました。

なかでも■■社の営業マンは誠実で好感がもてました。

一番的確な答えだったので、BAとさせていただきます。

ありがとうございました。

と締めくくります。以上が大体の流れです。

実際には、この中にやらセじゃない人も混じってくるので、本当の投稿かやらせの投稿かは見分けにくいです。

そもそも中古車査定会社のネットの評判は見る必要がない?

基本的にいうと、そもそも中古車査定会社のネットの評判は見る必要がないです。

なぜかというとこういう事です

①一般的な相場は決まっている。

②あなたの持っている車種や年式が、自社で良く売れてたら高く買い取る。そうでなければ安い。

③上の情報がネットでわかる事はすくない。

④営業マンがどれだけ自分の歩合を乗せるか?という裏事情もある。

①~②までは、皆さんだいたいご存知な事でしょう。

③は中古査定会社が中古車販売も兼ねている場合は、ホームページなどで、同じ車種や年式が多ければ、人気の可能性もあるが、ただだぶ付いている可能性もあり、判断はつきにくく、実際のところは正確には判断できない。

③の中古査定会社がオークションに出品しているところであれば、情報はまったくわからない。

問題は④です。ここについて詳しく説明していきましょう。

営業マンは信用しないほうが良い理由とは?

中古自動車買取営業マンを、普通のサラリーマンと一緒と考えてはいけません。

中古自動車買取営業マンの多くは、固定給プラス歩合制です。

これがどういう意味をしめすのでしょうか?少し考えてください。

答えは『あなたから安く買い叩いた方が給料があがる』です。

ある求人サイトにのっていた営業マンの募集例です

中古車買取営業
月給25万円以上(一律手当含む)+インセンティブ
月収例/営業・3ヶ月目
月収55万円(基本月給25万円+インセン30万円)【当社営業スタッフ平均月収】
月収40万円(平均月給25万円+平均インセン10万円+手当)

さすがに実際の企業名などは紹介できませんが、ごらんのようにインセンティブ(これは歩合)が結構なレベルになります。

営業マンは、あなたから安く買い叩ければ買い叩くほど、インセンティブが増えていきます。

売れない営業やあせっている営業ほど、1人の客から安く買い叩こうとしますので、ぼったくりみたいな金額で、成約させようとする傾向にあります。

反対に売れている営業は、人をみながら、たまにぼったくり、時には安く、相手の気分を害しない範疇で、上手に買い取っていきます。

私に買い取るのにお金がかかるといっていた営業なんて、成績が悪いんでしょうね。

ちなみに、中古車買取営業だからといって、みんなが車に詳しいわけじゃないですよ。

査定は電話やメールで依頼の時点で、だいたいの金額を決めて、あとはいかに欠点を探すか?そして買い叩くか?

そういう営業ですので…間違っても、車に詳しいななんて感心しないことです。

私も別業種ですが、元営業ですのでよく分かりますが、みんな死に物狂いで歩合給を上げようと頑張っています。

ですが、あまりにもユーザーをないがしろにした、ひどい輩がいるので、暴露しているわけです。

念のために言っておきますが、買取価格が高くなっても営業マンの実入りが減るだけで、損をさせる事はありません。

成約できるのは、10件中何件かだけ。それでも生活できるだけ給料をもらっています。

断ったからといって、ひどい話でもないので、ぜんぜん気に病む必要もないです。

中古自動車買取営業マンの手口を暴露

「こんな車、売れません。タダでも買い取るの無理ですよ。引き取りに10万かかります」

20年前に言われた言葉です。

しかし3日後、10万かかるはずの中古車が10万で売れました。

実は「不動車=動かない車」でも値段がつくのをご存知ですか?

動かない車であっても、海外に輸出すれば、結構な値段で売れるからです。

20年前のケースが、営業マンの強欲だったのか、高く売る為のルートがなかったのかは、今はわかりません。

しかし歩合制だと考えると、営業マンの言う言葉がいかにトーク(売り文句)が多いか分かってくると思います。

これはトークといえる例をこれから紹介します。

・ギリギリの値段ですので他社もこれ以上は出せないですよ。
・上司に掛け合って相談してみます。
・この質ですとこれだけしか出せません。
・今ならこの値段出せますが、今決めてもらえないとこの値段は出せません。
・そんな値段で買い取るなんてありえません。怪しいのではないですか?

営業マンがかならずいう言葉ですが、これらは90%トークです。

営業マンが電卓を片手に計算していますが、営業マンが計算しているのは、価格もそうですが、一番は自分に歩合がいくら入ってくるか?です。

営業会社では、毎日売上げ売上げ売上げです。

売上げを上げるのが善で、売上げが悪い営業マンは悪です。

これで皆さんも、すこしは営業マンの頭の中がどうなっているか?分かったと思います。

では、そんな売上げで頭パンパンで、口の上手い営業マンを相手にどうすれば、大幅アップが狙えるか?を教えます。

元営業マンだからわかる、中古自動車買取営業マンから高額査定を引き出す方法

まずは基本中の基本は

営業マンはライバルがいないとみるや。すぐにおいしい客と考える。という事です。

価格というのは比較ですから、比較されなければ100%安くしか言いません。

これはいくら人の良さそうな営業マンでもそうです。

営業マンはライバルがいないと、すぐにおいしい客と考えます。

しかしライバルがいると途端に真剣に見積もりを考えます。

ですから複数の会社に見積もりは基本です。

とくに、電話で見積もり依頼、中古車買取専門店のホームページから直接の見積もりは危険です。

私は他では見積もりしてないよ。というサインになるからです。

1件1件見積もりを出す人は、途中で面倒になって、たくさんの見積もりが取れない傾向にあります。

だから営業マンにとっては、一番美味しいカモなのです。

そういう事態を防ぐ為、あとは見積もりの手間を減らす為に、中古車査定の一括見積もりサイトを使います。

カービュー

ここでは業界最大級で国内最大の400万人実績がある一括査定のサイトを例に使います。

もちろん他でもいいですが、老舗・業界最大級で、あらゆるエリアをカバーしていますので、とくに好き嫌いがなければこちらを使うと良いとおもいます。

サイトにアクセスし、必要事項を入力をすると、

carview-sateikekka

こんな画面がでました。

ここで見積もりができる会社すべてを選択します。

大手はほとんど登録していますので、ガリバーやユーポス・カーチスなども最寄店舗があれば見積もりにきます。

そしてあとは、全社にチェックをいれて全社に見積もりに来てもらうだけです。

基本これ以外はしなくて良いです。

登録すると、各社からメールで見積もり、もしくは電話で見積もりの連絡がきます。

この見積もりの段階で、ぜんぜん話にならない額を提示してくるところもあるので、そういうところは交渉しません。

交渉するのは、あくまで良い金額を提示してきた所のみにしてください。

交渉前に

まずは、車のパーツ・純正品・マニュアルとかすべてを用意しておきます。

これがないと手間がかかりますし、査定が低くなります。

洗車はしておいた方が良いですが、傷とかは修理しなくて良いです。修理する方が手間代がかかって、結果的にマイナスに影響します。

ぜったいにしておいた方がいいのは、車の荷物を出すことです。

とにかく営業マンに面倒をかけないことです。

これだけを営業マンが来る前に終わらせておきます。

じゃあ来てもらってどう交渉する

まずあらかじめ、中古車情報サイトなどで、自分の車が中古車として出回っている金額を調べておきます。

これを参考のベース金額にします。

まず営業マンがきたら必要事項をすべて伝えます。

希望価格はと聞かれたら、中古車として出回っている金額を言ってみます。

多分その金額ではムリといってきますので、とくに1回目は交渉しません。

「検討してまたお電話します」で帰ってもらいます。

もし提示した参考価格でもOKといってきても「検討してまたお電話します」で帰ってもらいます。

くどくど言ってくる所などは「じゃああなたとは取引しません」といってやりましょう。

営業マンが面倒な会社は切ってください。そうするほうが気分的にも金銭的にもお得です。

あまりにもしつこければ「消費生活センターに通報しますよ」といってください。

ほとんどありませんが、実際にトラブルが起こった際には消費生活センターに相談すると解決することが多いです。

ここからは電話での交渉です

すべて終わったら、一番高い会社の値段を1社目から
「○○会社の○○さんはいくら出すと言っていましたが、どうですか?」
聞いていきます。

「それはわが社では出せません」といわれたら「分かりました。ではまたの機会にありがとうございました」と話を終わらせます。

「それであれば当社は○○万円出します」とか言ってきたら「ありがとうございます。すこし検討します」といって電話を切ります。

基本これ以上の事はしゃべらない方がいいです。

向こうは話術のプロですから、話し込むと、まるめこまれて、なんとなく契約してしまいます。

あくまで事務的に処理していきます。特に誠意のない無礼な感じの人は気分が悪くなるので切りましょう。

今度かけるのは、2番目の会社です。そこに先ほどの会社の金額を例に「○○会社の○○さんはいくら出すと言っていましたが、どうですか?」と聞きます。

ここもまた同じでダメだったら切る。いけたら検討しますと言って電話を切ります。

これを繰り返していくのですが、最終的に1つの会社が残る事になります。

ここまでは準備段階で、ここからが交渉です。

最後にツメで「○○さんにお願いしたいと思っているんですが、今日この場で決めるので、あともう一声お願いできますか?」と聞いてみてください。

これまでの間で相手は随分交渉に労力を使っています。

ここで交渉が決裂すれば、いままでの時間は水の泡です、

ですから多くの人が「じゃあ○円で…」と言ってきます。そこで「あともう一声」と言って見ましょう無理なら無理と言ってきます。

いけたら「最後ですよ」といいながらもう少し高い値段を提示してくれます。

交渉は以上です。とくに専門知識も必要ありません。

最後の交渉は電話で話すのでこのページを見ながら交渉すればいい話で難しくはありません。

しかしこの交渉で得られる金額の増額分は結構大きいです。

増額分を時給換算してみましょう。ビックリするぐらいの働きをした事に驚きますよ。

一括査定の会社は、どこでも良いですが、が最大手で登録している会社が多いので、間違いがなくて良いと思います。

以上です。それでは試してみてください。

「こんな車、売れません。タダでも買い取るの無理ですよ。引き取りに10万かかります」

こんな事をいうクソ営業に1円でも得させてはいけません。頑張りましょう!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. 徳永 より:

    元中古車の買取営業です。書かれてある内容見て笑いました。

    かかれてあるとおりですが、暴露しすぎですw

    たしかにウソばっかりです。胃がやられるので、真面目な人は1ヶ月もちません。

    私も中古車の買取営業のえげつなさに、最初はやり方にひきましたが、そうしないと食っていけない事情もあります。

    ノルマが厳しく、首をちらつかされ、こうしないと給料がもらえません。

    一括査定会社からのお客は査定に厳しく、営業も利益率を十分に注意しながらトークしています。

    美味しくない客ですが、それでもかなりの客が一括査定から流れてくるので、切れません。

    参考までに…

  2. より:

    すごいです、査定額15万円もアップしました。ありがとうございました。

  3. 育三 より:

    たしかに高くうれました。こんなにカンタンなんですね。ビックリしました。

  4. 恒彦 より:

    最後の交渉の部分、効果がありました。なんと1万円の査定額アップです。

    これで最低額と比較すると、11万5千円のアップになりました。

    ちなみにゼロ査定もありました。あくどい業者もまだまだいるもんですね。

    もうすこしで11万5千円損をしていたと考えると怖くなります。

  5. より:

    業界の人間なら、あまり歓迎したくない情報ですが、売りたい人には参考になると思います。

    この交渉術は勘弁して欲しいです。

    これだと買取の実入りが減ってしまいます。

    オートバックスやガソリンスタンドも参入してきてますし、できるだけお手やわらかにしてください。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑