嫌なゴキブリ見たくない!「1週間で根本的に対策をする方法」

公開日:  最終更新日:2016/07/22

嫌なゴキブリ見たくない!「1週間で根本的に対策をする方法」

ゴキブリ対策の環境整備

ゴキブリを家庭から追放したい人の為のコーナーです。このコーナーではゴキブリの写真・画像など一切ございませんので安心してご観覧ください。

ゴキブリ退治に当サイトが推奨する方法はゴキブリ対策の環境整備。

この方法は薬剤などを一切使用しませんので薬剤の使用が困難な方でも安心してお試しいただけます。「ゴキブリ対策の環境整備」には6つのポイントがあります。

よりスピーディーに効果を出すためには 6つのなくす+薬剤が、好まし結果を生むことでしょう。 ゴキブリの被害がかなりひどい場合や早急に改善したい方は、専門業者などに依頼するのも良いでしょう。

ただいくら専門業者に委託したところで、すまいの環境を改善させないとまた再発する可能性がありますので、6つのポイントはしっかり憶えておきましょう。

水をなくす

ゴキブリも水を必要とします。おもな生息場所が「台所、浴室、洗面所、トイレなのも水を確実に得る事ができるからです。

少量の水滴でもゴキブリにとっては十分な量です。そこで必要なのが可能な限り水分を絶つ事です。

おもな生息場所を中心に可能な限り、乾燥させましょう。水滴が落ちていたら雑巾などで拭いておく程度でかまいません。

エサをなくす

「あなたは餌付けしていませんか?」ゴキブリは雑食性、私達が想像する以上にいろんな物をたべまる事が知られています。

髪の毛・フケ・自らのフン・ダニやダニの死骸・油・エサがなくなれば共食いも始めます。

食料を完全に絶つことは困難ですが、非常に単純な方法で効果をあげる方法があります。

一つ目の方法は「食料を密閉容器に保存する事」二つ目の方法は掃除です。

掃除が苦手なあなたも簡単なテクニックを身につけるだけで、グングンお掃除上手になります。掃除のカテゴリーでは掃除の技も紹介しています。特にキッチンのコーナーを重点的にご覧ください。

すきまをなくす

それこそいろんなすきまからゴキブリは進入してきます。

1、5mmのすきまでも進入してくるとのデータもあるそうです。

賃貸の場合すきまを埋めるにもいろいろたいへんそうですが、棒状にした紙などをスキマに差込み、マスキングテープでマスキングしたところ、上手くすきまをなくせました。

一軒家の場合、コーキングガンとかは邪魔になるので、気軽に使い捨てれる、目地シールが便利だと思います。マスキングは、信頼性の高いものを使わないと、劣化が激しい恐れがあります。

効果は期待できます。

においをなくす

においというのはゴキブリの出すフェロモン物質のことです。

フンにフェロモン物質が含まれておりそれが仲間を呼び寄せます。

この匂いを防ぐには掃除機後、アルコール除菌シートなどで掃除するのがポイント。

雑巾は洗うのが面倒ですし、フェロモンが取りきれない可能性、再汚染される可能性がありますので、アルコール除菌シートで拭くのがオススメです。

フローリングなどは色落ちする可能性が有りますのでご注意ください。

侵入経路をなくす

ゴキブリは外部から卵の状態でやってくるケースも大です。

もらい物の中古家具などはしっかり清潔にしてから使いましょう。掃除機+2回ぐらい拭くことはしておきたいものです。

もし薬剤をしても良いのであれば、以下がお勧めです。

 

筆者は数年前にマンションから、一軒家に引越してきました。

一軒家はどうしても外部から虫が入ってきます。これは一軒屋のムカデとかの予防にも効きました。

窓枠の所、換気扇のところ、玄関にスプレーしておくと効果的です。一軒家でのゴキ対策は、コンバット、スキマ防ぐ、このスプレーで、ほぼOKです。

隠れ場所をなくす

これに一番適しているのは整理(不要品を処分する事)です。整理整頓のカテゴリーで紹介されてますのでご覧ください。

ゴキブリ殺虫剤を系統別に解説!えらび方しだいでカンタンに退治できます♪

ゴキブリ殺虫剤を系統別に解説!えらび方しだいでカンタンに退治できます♪

一言でゴキブリ殺虫剤といっても、とても沢山の数があります。えらび方しだいで、ゴキブリはカンタンに退治できるのですが、種類がとても多くて、初心者はムダにお金を使ってしまいます。

またムダに掃除をする羽目になったりとかもします。

使えない殺虫剤を買うのは、とてももったいない。そしてムダに掃除もしたくない。

ゴキブリ殺虫剤を系統別に解説しておりますので、自分の性格や状況にあわせて、最低限の殺虫剤を購入して最大の効果を出してみてください。

薬剤の分類分け 個人的に以下の分類にて整理しました。なおこれは個人的見解であって学術的な分類では当てはまらない可能性もあります。

持ち帰り撲滅系

メリット:エサを食べたゴキブリの糞にも薬剤が入る。その糞を食べた仲間も退治する事ができる。

特筆すべき点は、ゴキブリの幼虫期最も好んで食べるえさがゴキブリの糞である事、その事を考えると非常に便利な薬剤である。

デメリット:一気に効果を上げることが出来ない・効果が出るまでしばらくかかる。巣の中に死骸が残る。効果を高めるポイント巣の中に死骸が残る点では少し気持ち悪い。

しかし、ゴキブリが減ってから巣がありそうな場所に掃除機をかけることでその問題も解決できるであろう。

粘着捕獲系同様、最大の効果をあげる為のポイントは、その設置ポイントにある、ゴキブリの行動パターン程度熟知し、設置場所を決めていくという事が重要である。

設置場所はゴキブリの巣の入り口付近(ゴキブリが出入りしているであろう隙間または暖かい場所)、キッチンの戸棚の中、部屋のスミなどです。

また使用期限ごとに交換し、設置場所を少し場所をずらすなどをすることで、最大の効果をえる事ができるでしょう。

使用時期効果がでないようでしたら、位置を移動させましょう特に多く仕掛ける場所キッチンがメインになってきます。部屋の4スミや冷蔵庫の下、棚の下など暖かく暗い場所に仕掛けましょう。

購入時のポイント:まず買いに行く前に部屋の広さ及び設置ポイント数を計算しメモをとっておきましょう。

持ち帰り撲滅系の商品カタログ

  • アースゴキブリホウ酸団子 アース製薬
  • ワイパアワン 白元
  • ワイパアワンG 白元
  • バルサンゴキZero 中外製薬 6ヶ月持続
  • バルサンゴキZero1 中外製薬 6ヶ月持続
  • ゴキロード フマキラー 一年持続
  • ゴキファイター フマキラー 一年持続
  • フマキラーホウ酸ダンゴGOLD バナナフレーバー フマキラー
  • コンバット キンチョウ 3ヶ月持続
  • コンバットミニサイズ キンチョウ 3ヶ月持続
  • コンバットプロ用 レストランに最適 キンチョウ 3ヶ月持続
  • コンバットアルファ キンチョウ 3ヶ月持続

蒸散系

メリット:一度に多量駆除できる

デメリット:薬剤が届かないところや卵には効果が無い。使用後の後始末が必要。マンションなどの場合、火災警報装置が作動する場合がある。

効果を高めるポイント:卵には効かないという事を除けば、一度に多量駆除ができるという点では、活用度の高い商品であると言えよう。

蒸散系で最大の効果をあげる為のポイントは、一度薬剤を使用したあと(ゴキブリの卵が孵る時期)時期を見計らって再度使用するという事です、これで最大の効果をえる事ができるでしょう。

使用時期:平均的な気温で約1ヶ月で孵化し幼虫になります。ですから最初の駆除から1ヵ月後に再度使用する事が望ましいでしょう。

後始末を簡単にする技:駆除する前に巣がありそうな場所の前に粘着捕獲系のトラップを仕掛けます。上手く仕掛けれれば後始末は簡易になります。

購入時のポイント:まず買いに行く前に部屋の広さ(畳で何畳か?)を確認しメモをとっておきましょう。購入される際は、1ヵ月後再度使用する事を前提に必要数の×2を購入しておくと便利です。

蒸散系の商品カタログ

  • アースレッドW・アースレッドSW・ゴキアースレッド アース製薬
  • バルサンSPジェット・バルサンSXジェット・水で始めるバルサン 中外製薬

粘着捕獲系

メリット:死骸がどこかにいかないという面で考えると衛生的である。薬剤を使用しなくてよい

デメリット:使用後の後始末の際、恐怖を感じる。一気に効果を上げることが出来ない

効果を高めるポイント:死骸がどこかにいかないという点では、衛生度の高い商品であると言えよう。粘着捕獲系で最大の効果をあげる為のポイントは、その設置ポイントにある。

ゴキブリの行動パターン程度熟知し、設置場所を決めていくという事が重要である。設置場所はゴキブリの巣の入り口付近(ゴキブリが出入りしているであろう隙間または暖かい場所)、部屋のスミなどです。

またある程度捕獲したら交換し、設置場所を少し場所をずらすなどをすることで、最大の効果をえる事ができるでしょう。

使用時期:1ヵ月に一度程度交換チェックする事が望ましいでしょう。また捕獲出来なかったトラップは位置を移動させましょう

特に多く仕掛ける場所:キッチンがメインになってきます。部屋の4スミや冷蔵庫の下、棚の下など暖かく暗い場所に仕掛けましょう。

購入時のポイント:まず買いに行く前に部屋の広さ及び設置ポイント数を計算しメモをとっておきましょう。購入される際は、1ヵ月後交換する事を前提に必要数の×2を購入しておくと便利です。

粘着捕獲系の商品カタログ

  • ゴキブリホイホイ アース製薬
  • ワイパア ゴキブリゾロゾロ 白元
  • ゴキブリキャチャ- キンチョウ

エアゾール系

メリット:目の前のゴキブリに対して優れた効果。残留性の優れた商品は忌避効果(寄せ付けないバリア)がある。

デメリット:目の前のゴキブリにしか効果を上げることが出来ない。

効果を高めるポイント巣がある程度特定できている場合、そこに対して直接スプレーをする事により、一網打尽にできる可能性がある。

ただそこが巣であった場合、中からゾロゾロ出てくる可能性があるので、精神的準備が必要、蒸散系の技のようにあらかじめ、粘着捕獲系のトラップを巣の前に仕掛けたうえ、スプレーすると効果的であろう。

なおこの方法を試す時は薬剤により建材が変色しないかなど確認を取るほうが良い。

使用時期:ゴキブリが薬剤への耐性を持つ可能性を考え、定期的に種類を変えると良いだろう。特に巣が多い場所キッチンがメインになってきます。隙間や冷蔵庫の下、棚の下など暖かく暗い場所に多いでしょう。

購入時のポイント:切れた時の為のストック用に1本余分に買っておくと、不安感はなくなります。その際は別のエアゾールを買っておきましょう。(耐性を考慮)

エアゾール系の商品カタログ

  • ゴキジェットプロ(ロングノズル) アース製薬
  • ワイパアゴキブリスプレー 白元
  • バルサン直撃ジェット(直撃ノズル) 中外製薬
  • ゴキブリフマキラーWジェット(Wジェットノズル)フマキラー
  • 水性コックローチV(ノズル付き)キンチョウ

ゴキジェットプロの黒は瞬殺+まちぶせ効果があるので、すこし高いですが、黒を買ったほうが、得です。

ゴキブリデータ

日本に住む代表的なゴキブリは以下の通りである。

  • 和名 チャバネゴキブリ 学名 Blattella germanica Linnaeus      分類 網翅目(ゴキブリ目) チャバネゴキブリ科
  • 和名 クロゴキブリ    学名 Periplaneta fuliginosa (Serville)    分類 網翅
    目(ゴキブリ目) ゴキブリ科
  • 和名 ワモンゴキブリ   学名 Periplaneta americana (Linnaeus)  分類 網翅目(ゴキブリ目)  ゴキブリ科

ゴキブリを1週間で撲滅するスケジュール

ゴキブリを合計1週刊の手間で駆除する方法です。休みを利用してもOKなので便利です。間が空きますが、理由はゴキブリの卵には薬剤が効かないため、1ヵ月後に再度駆除を行なうことで、撲滅できます。

必要なもの:蒸散系殺虫剤、エアゾール系殺虫剤、アルコール除菌シート、掃除機、パテ・マスキングテープなど

1日目:まず必要なものを揃えます。そして家のダンボールや紙袋、ゴミ類を可能な限り処分します。

2日目:観葉植物や食品、ペットなど、直接薬剤が当たっては困るものはベランダに出すなり、戸棚に入れるなり、移動しておきます。

部屋の隙間(巣がありそうなところ)にエアゾールをスプレーします。そしてその後蒸散系薬剤を使用します。部屋に戻ってから後かたずけをします。

3日目:大掃除をします。その際、捨てれるものは可能な限り捨てる事、様々な場所に死骸があると思うので覚悟を決めておきましょう。

割り箸があると便利でしょう。部屋全体に掃除機をかけアルコール除菌シートなどで床を拭き清めます。また巣と思われる部分も掃除機で吸い込みます。掃除機をかけ終わったらゴミパックを交換します。

その後パテなどでスキマを埋めます。持ち帰り撲滅系を設置します。進入経路を防ぐという箇所で紹介した薬剤をゴキブリの通りそうな所、玄関・窓枠などに塗ります。

1ヵ月後(ここが重要です。しっかりスケジュールどうりこなします)

4日目:再度ゴミがないかチェックし、ゴミを徹底して捨てましょう

5日目:観葉植物や食品、ペットなど、直接薬剤が当たっては困るものはベランダに出すなり、戸棚に入れるなり、移動しておきます。

そしてその後蒸散系薬剤を使用します。部屋に戻ってから後かたずけをします。

6日目:大掃除をします。その際、捨てれるものは可能な限り捨てる事、様々な場所に死骸があると思うので割り箸があると便利でしょう。

部屋全体に掃除機をかけアルコール除菌シートなどで床を拭き清めます。

掃除機をかけ終わったらゴミパックを交換します。

 

コラム 兵法から学ぶゴキブリ駆除の技術

兵法から学ぶゴキブリ駆除の技術あまりまったりとした内容のコラムではないですが、ゴキブリ退治の根幹的な内容なので、軽く読み流してください。

兵法の中に兵糧攻めという戦術がある。

兵糧というのは兵士の食べる食料のことで、相手側の食料及びその補給経路を立ち相手に戦いを放棄させ、投降させる事を目的とした手法である。

血を流さないことから、平和的な戦術であるといわれている。

兵糧攻めの基本モデル図

通常は【兵糧攻めの基本モデル図1】のように城攻めの際、大軍をもって城を包囲し、攻撃は行わず相手の食料が無くなるのを待つ少し気長な戦術である。

兵糧攻めを成功させるポイントとしてはいくつか上げられるが代表的な物としては以下があげられる。

  • A:相手の食料状況を把握している。
  • B:城にいる人数を把握している。
  • C:外部からの供給ルートを遮断する。
  • D:攻撃を仕掛ける側に十分な食料また安全な供給ルートが整備されている。
  • E:相手が攻めてくるのを躊躇させるだけの十分な兵の数

この中でA、Bの情報を入手するには優秀で信頼おける間者(読み:かんじゃ、意味:スパイ、密偵)の存在が不可欠になってくる。

またその年の作物の出来などの情報、相手に危機管理意識が有る無しである程度の判断も可能であろう。

これに加えCの外部からの供給ルートの遮断というポイントがあるから、例えば城内部に外部との行き来がとれる地下通路があるかないか等も大きな判断基準である。 

これに加えC,Dの圧倒的な戦力格差にプラス、相手の外交上の備えつまり、戦が起こった際援軍を差し向ける国があるかないかも重要なカギになってくる。

ある種単純に語られがちな兵糧攻めも水面下で精緻なオペレーションがある事を忘れてはならない。

兵糧攻め早期決着の為の行動

兵糧攻めとは城内の食料を費やす方法であるが、これに加え更に攻撃的な方法としては相手の食料庫を火攻めしたり、外部からの補給部隊を強襲したりする方法も取られる。

攻撃型兵糧攻めモデル図

この攻撃型兵糧攻めパターンの追加により更に素早く勝負をつける事が可能となる。ちなみにこの兵糧攻め戦国武将では豊臣秀吉がよく使ったとされる。「鳴かぬなら鳴かせて見せよう。ホトトギス」とは上手い表現だ。

ゴキブリ、その他害虫に対する応用例

ところでこの兵糧攻めは相手の戦力がこちらより低い場合(もしくは相手の兵糧の数が少ない場合)にのみ有効となる。

果たして貴方の戦力とゴキブリの戦力どちらが高いのであろう?

結論からいえば、例えば貴方が幾らゴキブリが嫌いでも結果的には貴方のほうが戦力的には強いと考えられる。

なぜなら幾ら貴方が非力であろうと、スリッパなどの一撃でゴキブリを退治する事は十分可能であろうからだ。そして、貴方の住まいの環境をコントロールできるのは貴方だ。という事もその理由だ。

その事からこの兵糧攻めが対ゴキブリとの戦いにおいては機能するものと言えるであろう。

さて幾ら兵糧攻めだといっても、勿論城を囲んで・・・という訳にはいかない。どちらかというと相手の食料庫を攻めるすなわち、相手が食料を食べさせないようにする。という戦法になる。

ただし城を攻めるという訳にはいかないが、相手の本丸(活動の中心)を主として攻めるという事は可能である。

ここで理解が必要なのは「相手が何を食するか?」という点にある。

これは乱暴にいってしまえば、有機物全般に関しては食べるといえる。すなわちホコリや何かの死骸、髪の毛、油などほぼ何でも食べると言っていいだろう。

そして本丸といえるのは、貴方が食事をする部屋または台所である。

これからは具体的にどのように兵糧攻めを実現させるかになってくるのだが、コレをリストとして表記すると。特に本丸(食事をする部屋または台所)を中心に

  • 食料品は密封容器に保存する。
  • 油汚れ、食料品のカスなどはマメに除去する。
  • マメに掃除機をかける。

となる。そして兵糧攻めが成功するとゴキブリの数が少なくなる。もしくはいなくなる。

コレはなぜかというと、餌場を求め他に移動した。餓死した。極限状態で共食いを始め数が減ったからだ。

今回は害虫駆除に例として兵法をもちいたが、これは動物の特性を最大限利用したものである。

例えばこの兵糧攻めというフィルターを通し昨今問題視されている【人里へ熊が降りてくる問題】の原因を考える事もできる。

(熊が降りてくるのは、自然発生的に兵糧攻めされた結果と読み取る事も出来る。)今回の話のように軍事的な技術が生活の進歩に役立った例も少なくない。

例えば貴方が利用しているインターネットもその一つだ。この様な技術が出来るだけ平和的に活用される事を願ってやまない。

まとめ

マンションで1匹出たくらいでしたら、持ち帰り撲滅系をキッチンのあたりに置いておけば、2度と出ません。バルサンをする必要もないです。あとエアゾール系を一本念のためにもっておけば、安心です。

一軒家や、ちょっと部屋が片付いていないお家では、掃除を徹底して、持ち帰り撲滅系をキッチンのあたりに置いておけば、だいたいいなくなります。

蒸散系は、一気に退治したい時にはいいのですが、あとから部屋を掃除しなくてはいけないので、管理人は使いません。最終兵器扱いですね。家全体にいて、しかも数が多くてという場合には良いと思います。

沢山いそう>それほど多くなさそう
蒸散系>持ち帰り撲滅系=粘着系

という感じで考えてください。

粘着系は気持ち悪いので管理人は使いません。

何が良いかと聞かれたら、現場をみて状況をよく聞かないと、はっきりとはわからないのですが、私は
持ち帰り撲滅系を1つ
エアゾール系を1つ
買って持ち帰り撲滅系を設置して、1ヶ月ほど様子をみる。その間目の前に現れたら、エアゾール系で対応する。

1ヶ月で減らないようなら、持ち帰り撲滅系を追加する。
そして、それでも減らなければ、蒸散系を使用する。事を薦めると思います。

やつらとの戦いは終わりません。お互いに頑張りましょう!

Q&A

Q・ゴミパック付ではないのですが?
A・その場合は中のゴミを捨ててください。

Q・パテを使えないのでガムテープでもいいですか。
A・ガムテープは避けたほうが良いでしょう。テープのあとが残ります、どうしてもテープを使う場合、塗装などに使う養生用のテープの方がまだマシかと思います。

Q・何故床を拭くのですか
A・ゴキブリの糞を取り除く為です。糞にはフェロモン物質があり別のゴキブリを引き寄せます。またゴキブリの子供は糞を好んで食べます。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. ルン より:

    ゴキブリいなくなりました。我が家に平穏がおとすれました。

    このサイトのおかげです。ありがとうございました。

  2. より:

    侵入経路を防いだ所、発生件数が激減しました。

    うれしいです。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑