窓ガラス掃除まとめ「窓からサッシまでピカピカに」

公開日:  最終更新日:2016/07/22

窓ガラス掃除まとめ「窓からサッシまでピカピカに」
窓ガラス掃除のまとめです。窓からサッシまでピカピカにしてしまいましょう♪

道具

  • 弱アルカリ性洗剤(ガラスマイペット・マイペットなど)
  • 乾いた雑巾
  • 濡らしてから固く絞った雑巾

ガラス磨きの手順

  1. まずガラスに弱アルカリ性洗剤を1㎡に対して5回ほどスプレーします。
  2. スプレー後すぐ乾いた雑巾で拭きとっていきます。枠の部分やすみに汚れがたまりがちですのでおわすれなく。
  3. 仕上げに固く絞った雑巾で 清めぶき(拭きムラを防ぎ洗剤分と取り切れない汚れを拭き取る為に水でゆすぎ固く絞った雑巾で全体を拭きます。)して終了。

[!]作業はかならず上から下へと進めてください外側の窓も拭ける場合はあまり汚れていない内側から外側という順にすすめると作業が楽に進みます。

スクイジーというプロ用の窓ガラス掃除グッズがあると便利です。

これは車のワイパーのようなものがついた道具です。雑巾の繊維がつかないので、使えば分かりますがものすごくきれいに磨けます。なおお風呂の水切りにも使えます。

あれば水だけで掃除ができますので、とても便利です。

サッシの掃除

まずレールに掃除機をかけてゴミやホコリを吸い取ります。写真は両方取り除いた状態です。固まった泥の汚れが付着しています。見た目にも汚く不衛生な感じがします。

歯ブラシとガラス用の洗剤と少量の水を用いて、こびりついた泥汚れ擦り落とします。その際ドロが、はねる事がありますので、近くに雑巾を用意しましょう。サッシを歯ブラシで優しく擦ります。これで大まかなほとんどの汚れが除去できます。

角の汚れや、歯ブラシが届かない汚れには、マイナスドライバーに雑巾を巻きつけたもので、取り除きます。それでも取りにくい汚れは、綿棒にガラス用洗剤をふくませ、汚れの部分をこすり取り除きます。

その後水を掛け、固く絞った雑巾で水気と洗剤分を、完全に除去します。そして最後にクレ556をスプレーします。

仕上がりです。ほとんど汚れを除去しました。※階下への漏水に十分注意して行なってください。

スクイージーって何ですか


スクイジーというのは窓拭きの際に使用するゴムベラのことです。

材質はプラスティック製と真鍮製の二つがあります。ホームセンター等にいくと売っています。

真鍮製の物が耐久性があり良いとプロは真鍮製を使います。ガラス磨きの際使うと分かりますが、全然仕上がりは変わります。

ビルの窓磨きの際にスクイジーを使用しているのを見かけあこがれて買いましたが、ヤッパリ良いですね。

私の持っているのはプラスティク製ですが、真鍮製のが欲しいですね。楽天にアメリカ製のが売っていました。

これがルーツなんですね、知りませんでした。今使っている奴が壊れたら買い換えようと思っています。

ちなみに調査したときはエトレー社のスクイジーが1500円程度で販売されてました。

サイズが何個かあるのでよく考えて買ったほうがいいですよ。参考までに、私の使っているのは35CMタイプです

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑