掃除機のメンテナンス

公開日:  最終更新日:2016/07/22

掃除機のメンテナンス

掃除機がメンテナンスでパワー回復

 掃除機は定期的にメンテナンスをしないと性能が低下していきます。最近吸い込みが悪くなってきたとお悩みの方、一度メンテナンスを行なってください。

掃除機のメンテナンス方法

道具
はさみ・歯ブラシ・ゴミ袋・新しい集塵袋・中性洗剤・キッチンペーパー又はティッシュ 新聞紙・固く絞った雑巾・綿棒
ヘッドの掃除
掃除機のヘッドにはホコリ髪の毛が付着していますブラシや手などでホコリ髪の毛を取り除きます。 髪の毛が取りにくい時ははさみで毛を切ると取りやすくなります。 ホコリを取り除いたあと中性洗剤または弱アルカリ性洗剤などで拭きます。 隅に汚れがついて取りにくい場合は綿棒に洗剤を含ませ拭き取ります。 最後に固く絞った雑巾で清めぶきをして完成次は掃除機内の掃除に取り掛かります。
※新聞紙などの上で作業を行なうと後片付けが簡単です。

掃除機内の掃除

掃除機の集塵袋
掃除機に集塵袋がある場合は集塵袋を取りはずします。 その後フィルターなどにたまったホコリなどを取り除き、中性洗剤または弱アルカリ性洗剤などで汚れた部分を拭きます。 隅に汚れがついて取りにくい場合は綿棒に洗剤を含ませ拭き取ります。最後に固く絞った雑巾で清めぶきをして集塵袋を取り付け完成です。また古い紙パックは取り替えましょう。【取り替えないと電気代もかさみます】
掃除機のフィルター
掃除機のフィルターも水洗いできる物であれば水洗いをして汚れをとりのぞきその後完全に乾かします。 水洗いできない物は手か歯ブラシなどでホコリを取り除きます。
注意事項
■必ず洗剤のご使用前に使用法、注意、使用上の注意をよくお読み下さい。■洗剤を使用する際は換気扇を使用する等、必ず換気して下さい。■手の荒れやすい方は洗剤を使用するさいゴム手袋などを使用してください ■家電製品を掃除する前には、プラグを抜きスイッチを切りましょう。熱を持った家電製品は充分に冷めてからにしましょう。また、取扱説明書を必ず読んで注意事項を確認しましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑