毛染め剤の落とし方

公開日:  最終更新日:2017/01/14

毛染め剤の落とし方

落ちないよごれ

毛染めの落とし方について当方の所有するしみ抜きの資料を見ると、毛染めは酸化染料が使われている為絶対に落ちない汚れとなる。とあります。

美容師の友人にも以前尋ねたところ美容室ではリム-バーって専門の薬剤使うみたいですが、でも効かない可能性が高いいう事でした。

友人いわく髪の毛用のブリーチ使うか又は漂白剤使うといいんじゃないという事です。これには私も同意見です。

いずれの場合も汚れを物理的に落とすではなく漂白するしかないという事みたいです。基本的に落ちない汚れです。

建材への影響が出来るだけ少ない物を選びましたが、ココからの説明はあくまで自己責任でお試しください。

ユニットバス:●汚れの部分に漂白剤をかけ、キッチンペーパーなどで湿布をし(参考→湿布法)5分程度時間をおいてみる。それを落ちるまで繰り返す。●クレンザーを漂白剤で練り5分程度置いてから拭き取る。

クッションフローアー:●汚れの部分に漂白剤をかけ、キッチンペーパーなどで湿布をし(参考→湿布法)5分程度時間をおいてみる。それを落ちるまで繰り返す。●クレンザーを漂白剤で練り5分程度置いてから拭き取る。ただし色落ちする可能性もある。

フローリング:●汚れの部分に漂白剤をかけ、キッチンペーパーなどで湿布をし(参考→湿布法)5分程度時間をおいてみる。それを落ちるまで繰り返す。●クレンザーを漂白剤で練り5分程度置いてから拭き取る。ただし色落ちニスがはげるする可能性もある。これでも落ちない場合クレンザーを漂白剤で練ったものを歯ブラシにつけやさしく擦る。

最終手段(危険):1500番台の耐水ペーパーを使いやさしく擦る(表面を薄くはがす)※作業が終わったら必ず水ぶきを数回繰り返しで洗剤分を除去してください。色が落ちたり変色する可能性があります。

私は汚れにくい毛染めに変えました

毛染めは一度ついてしまうと落ちませんが、なかなか美容室で染めるという訳にもいきません。

私は毛染めがつくのが怖いので、毛染めを変えました。

いまはさっと塗って、光を浴びるだけで染まる毛染めが発売されています。

これを使うと、一般的な毛染めのように、お風呂場が染まるという事がほとんどおきないそうです。

しかも身体に有害なジアミンという成分が入っていないので身体にも優しいです。

「利尻ヘアカラートリートメント」は、ヘアカラートリートメントの中でも、あるていどマシな部類ですが、若干お風呂が染まってしまうのです。

ビニール手袋をしないと、手も染まってしまいます。

その点グローリンサンクロスは、光で染まるので、手でさっと塗っても、しばらくしないと染まりません。

すぐに手を洗えば、手も汚れません。

服につくかな?という心配も初めはしてましたが、最近はそれも気にならなくなりました。

塗る分が非常に少量でOKなので、ほとんど問題はおきません。

出典:光で染まる白髪染めと利尻ヘアカラートリートメントどっちが良いの?

私も実際に購入しましたが、たしかに飛びはねないですし、毛染めに神経を使うことがなく、助かっています。

一度お試しあれ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. 純二 より:

    かんげきです。毛染めの汚れ薄くなりました。すごすぎます。

    こんな苦労は二度と嫌なので、今後は、管理人さん愛用の毛染めでいきます。

  2. SASADAN より:

    説明がわかりやすかったです。

    私もさっそく、汚れにくい毛染めに変更を検討します!

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑